薄毛の原因とメカニズム|つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)と育毛剤

日本臨床医学発毛協会推薦!『30日間で効果がなければ全額返金保証』の育毛剤!

チャップアップ

今すぐ、『つむじハゲ(薄毛)』に効果的な育毛剤を知りたい方はこちら!


あなたにはどの育毛剤がピッタリかを自己診断! ⇒ タイプ別育毛剤、自己診断チェック!

薄毛のタイプと、つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)の原因と効果的な育毛剤

つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)に悩んでいるあなたの薄毛タイプを知っていますか?
単なるつむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)だと思っていませんか?

 

薄毛タイプには大きく3種類(M字型・O字型・C字型(U字型))あり、それが組み合わさった混合型があります。

 

そもそも、なぜ薄毛になるのかというと、男性ホルモンなどの原因により軟毛化しそれが生えてこなくなり、髪がスカスカになっていき薄毛となっていきます。軟毛化とは、毛の数は変わらなくても、太く長い毛が再生せず、細く短い毛に置き換わる状態のことです。この軟毛化が進むと、薄毛になっていきます。軟毛化は、ヘアサイクルの成長期が短縮され、毛根が小さくなってしまうことによって起こります。早い人では20歳代前半から始まります。

 

多くの男性が悩む薄毛の主な原因は男性ホルモンが関係しているといわれ、さらに遺伝的な素質、ストレス、食事、生活習慣などの影響も大きいと考えられています。
男性ホルモンの影響で薄毛になっても、ひげ、体毛、陰毛などは濃くなり、軟毛化とは逆に硬毛化していきます。

 

あなたにはどの育毛剤がピッタリかを自己診断! ⇒ タイプ別育毛剤、自己診断チェック!

ハゲるメカニズム

ハゲメカニズム

男性の方が禿げている人が多い理由の一つに男性ホルモンが原因だといわれています。

 

男性ホルモンが原因だったら、男性はみんなハゲるのか?
そんなことはないですよね。お年寄りでもフサフサの人はいます。
ハゲるには原因がありました。その原因となる物質が明らかになったのです。

 

ハゲの原因物質は「5αリダクターゼ」というものです。
5αリダクターゼは、テストステロン(男性ホルモン)と結び付いて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換する働きを持つ酵素です。
5αリダクターゼによって、変換されたDHTが脱毛(=ハゲる)を引き起こす直接的な原因なのです。

 

5αリダクターゼは、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの2種類存在します。
それぞれ、働きが違います。

 

T型5αリダクターゼ

陰毛、腋毛、ひげ、頭髪など、発毛部分に満遍なく存在する。 頭皮の毛根では皮脂腺に存在する。

 

U型5αリダクターゼ

ひげと前頭部に集中して存在する。頭皮の毛根では毛乳頭に存在する。

 

ハゲの原因となるのは、2型の5αリダクターゼだったのです。

 

実際、5α-リダクターゼ欠損症(2型5α-リダクターゼが欠如している)の男性にはAGA(男性型脱毛症)が見られないと言われています。
2型5α-リダクターゼが全体のDHTの60%〜70%を生み出しているといわれ、育毛・発毛にはこの5αリダクターゼを抑えるのがポイントなのです!

 

5αリダクターゼの抑制

5αリダクターゼの抑制に有効な成分は、フィナステリドやミノキシジル、亜鉛やノコギリヤシエキスなどが良く知られています。
そして、2型への有効性が認められているのはプロペシア(有効成分フィナステリド)であり、1型・2型双方への有効性が認められているのはアボダート(有効成分デュタステライド)です。

 

5αリダクターゼを抑える食材

緑茶、ビタミンB2、ビタミンB6、アロエ、みかんは5αリダクターゼを抑制する効果がありますので、薄毛・抜け毛に悩む人は積極的に摂取するようにしましょう。

 

あなたにはどの育毛剤がピッタリかを自己診断! ⇒ タイプ別育毛剤、自己診断チェック!

関連ページ

薄毛のタイプ・パターン
つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)に悩む方へ、あなたの薄毛タイプを知っていますか?薄毛には様々な移行パターンがあり原因が異るため、ハゲ・薄毛タイプとパターンに応じた最適な育毛ケアが必要です。
薄毛の原因と対処
つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)に悩む方へ、つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)の原因を知っていますか?つむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)には様々な原因があり、その原因を取り除くことでつむじハゲ・薄毛(O字型ハゲ)改善を見込めます。